いずれは必要なバリアフリーリフォーム優先順位は?

バリアフリーリフォームをするなら優先順位を決めよう

>

高齢化の動向

段差をなくした使用しやすいトイレ

現在日本には便座の形式によって和式トイレと洋式トイレがあります。
最近の建物ではあまり和式トイレは見かけなくなったかもしれません。
床に設置された便座にかがみこむ形式の和式トイレは、膝の曲げ伸ばしが大変になっている高齢者には不向きです。
トイレのリフォームを考えたときには、先ず便座の変更が望ましいです。
そして、便座を取り替える際も、少し高めの便座を選んでおくと、かがみこむ動作が少なくなりますので、利用しやすいトイレにすることができます。
加えて、摑まる手すり等を設置しておくとさらに安心です。
スペースによって変わりますが、余裕があれば、L字型の手すりにしておくと、体重をかけながらゆっくり立ち上がることができます。
介助しながらのトイレを想定して、トイレ自体のスペース拡張も余裕があれば検討したいところです。

車椅子を想定したリフォーム

高齢化に伴い、ケガなどから車椅子での生活になる可能性もあります。
その場合、トイレ自体を寝室から近い所へ移設、あるいは、トイレに近いところへ寝室を移動する方が良いでしょう。
それに加え、車椅子のまま入室できるトイレに変更を考えた場合、必要になって来るのは、まずスペースの確保です。
車椅子の方向転換などの事も考えて最低でも165×165cmは必要といわれています。
その上で、扉を引き戸に変更したり、開口部を80cm以上にする必要があります。
もちろん、段差の改善は必須になります。
車椅子から便座へ座りなおす必要がありますので、その際に全身の体重を腕で支えることになります。
十分な強度のある手すりを備え付けておくことも大切です。
通常のバリアフリーリフォームでもそうですが、掃除がしやすく、万が一の際、安価で張替えができる床材、例えばクッションフロアへの変更も必要な場合があります。


この記事をシェアする